T.C.S maintenance factory  国産車・外車・二輪車の販売(新車・中古車)・車検・点検・修理、フォークリフトの点検・修理全てお任せ下さい。

T.C.S メンテナンスファクトリー

Maintenancebuy & sellInsuranceCar type会社概要RentalcarContact

LinkBlogFacebook

Various insurance

まさかの時の安心とゆとり

自動車の保険には、大きく分けて自賠責保険と任意保険の二つの種類があります。
T.C.Sでは、どちらの保険も承っております。

各種保険(自賠責保険と任意保険)

自賠責保険と任意保険

自動車の保険には、大きく分けて自賠責保険と任意保険の二つの種類があります。
自賠責保険の正式名称は、自動車損害賠償責任保険というのですが、別名『強制保険』などと呼ばれていることからもわかる通り、自動車1台ごとにその加入が法律で義務付けられていて、違反するとペナルティが課せられます。日本では車検時に同時加入が原則ですので、車検のある車には必ず自賠責保険に加入済みです。
ただし、250cc以下の二輪自動車等は車検制度がないためうっかり忘れてしまう可能性があります。
事故を起こしてからでは遅いです。
必ず自賠責保険の加入と証明証の備え付けを励行してください。
また一方で、一般的に自動車保険といえば任意保険のことを指すのですが、加入するかしないかは文字通り任意です。

自動車の保険に求められる最も重要な機能は、万が一の事故により、他人に対する損害賠償責任を負ってしまったときのための補償ですが、これについては大きく「ヒト」に対するもの(=対人賠償)と「モノ」に対するもの(=対物賠償)に分けることができます。
自賠責保険は、これらのうち「ヒト」に対するもののみがその補償の対象となりますが、基本的な補償の内容は以下のとおりです。

傷害による損害(被害者1名あたり限度額)120万円

死亡による損害(被害者1名あたり限度額)3,000万円

後遺障害による損害(被害者1名あたり限度額)4,000万円

自賠責保険は、加害者の支払い能力にかかわらず、被害者に一定の保障を確保することをその趣旨としているのですが、近年の賠償額の高額化により、これだけで賄うことが難しくなりつつあります。

そこで、自賠責保険のみでは賄いきれない場合に備えて、任意保険が必要となるのですが、任意保険の対人賠償保険は、自賠責保険の補償を超える部分についてのみ補償されることになっています。このことは、事故が自賠責保険の支払いの対象とならないかぎり、対人賠償保険による補償を受けることができないことを意味しています
先に述べたように、自賠責保険ではケガの場合で最高120万円、そして死亡の場合には3,000万円が補償されますので、『任意保険による上乗せはそれ程大きくなくても良いのでは?』という考え方もあります。
しかし、例えば事故でケガを負った場合には、治療費に加えて治療期間に発生する休業損害や慰謝料などの様々な費用が発生することになりますので、自賠責保険による補償のみではちょっと心もとないでしょう。
また、最近では損害賠償の金額が高額化する傾向にあって、賠償額が一億円を超えるケースもめずらしくなくなっています。加えて、損害賠償の金額が契約の保険金額(補償の限度額)を超えてしまうと、相手方との示談交渉を保険会社に代行してもらえるサービスが使えなくなってしまうことになり、自分で示談交渉をしなければならなくなりますので、少なくとも対人賠償保険の補償額だけは「無制限」にしておくことにしましょう。
自動車保険の内容についても、どんな些細なことでも事細かく説明いたします。自動車保険にかかわらず、他の損害保険や生命保険にも関しても承っております。
最良の方法や、お客様のニーズに合わせてプランの設計、また、現在ご加入の保険の内容の見直しや補償の再確認もいたします。

お気軽にご相談ください。